ベンゾイルCoAレダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンゾイルCoAレダクターゼ
識別子
EC番号 1.3.99.15
CAS登録番号 176591-18-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ベンゾイルCoAレダクターゼ(benzoyl-CoA reductase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ベンゾイルCoA + 還元型受容体 + 2 ATP + 2 H2O \rightleftharpoonsシクロヘキサ-1,5-ジエンカルボニルCoA + 受容体 + 2 ADP + 2 リン酸

反応式の通り、この酵素の基質ベンゾイルCoAと還元型受容体とATP、生成物はシクロヘキサ-1,5-ジエンカルボニルCoAと受容体とADPリン酸である。補因子としてマンガンマグネシウムを用いる。

組織名はcyclohexa-1,5-diene-1-carbonyl-CoA:acceptor oxidoreductase (aromatizing, ATP-forming)で、別名にbenzoyl-CoA reductase (dearomatizing)がある。

参考文献[編集]

  • Boll M, Fuchs G (1995). “Benzoyl-coenzyme A reductase (dearomatizing), a key enzyme of anaerobic aromatic metabolism. ATP dependence of the reaction, purification and some properties of the enzyme from Thauera aromatica strain K172”. Eur. J. Biochem. 234: 921–33. doi:10.1111/j.1432-1033.1995.921_a.x. PMID 8575453.