ベレッタM8000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベレッタM8000
ベレッタM8000
M8000
概要
種類 半自動拳銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 ベレッタ
性能
口径 9mm
.357口径(約9mm)
.40口径(約10mm)
.45口径(約11.43mm)
銃身長 92mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
.357SIG弾
.40S&W弾
.45ACP弾
装弾数 15発(9mm口径モデル)
11発(.357口径モデル)
11発(.40口径モデル)
8発(.45口径モデル)
作動方式 ロテイティングバレル式ショートリコイル
全長 180mm
重量 925g

M8000 (Beretta 8000) は、イタリアのピエトロ・ベレッタ社が1995年にCADを用いて設計・開発した自動拳銃である。通称『クーガー』シリーズ。

概要[編集]

同社の拳銃は『M92』に見られるように、従来はスライドの上部を大きく切り開いてバレル(銃身)が露出しているのが一種のトレードマークであったが、やはり強度に問題があり、耐久性を増す為の肉厚スライド(ブリガディア)を装着したモデルを発売したが、それでも限界があったので、閉鎖方式を従来のプロップ・アップからロテイティング・バレル(回転銃身)としたもの。おかげで耐久性は増し、M92FSでは出来なかった.45ACP・.357SIGモデルをバリエーションに加えることに成功。NATO軍のテストでは30,000発の発射に耐えたという。また、ロテイティング・バレルにより反動が軽減された他、M92ではほぼ不可能だった銃のコンパクト化も可能となった。この方式は同社の最新モデルPx4にも生かされている(Px4には.357SIGモデルはない)。

登場作品[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

  • CSI:マイアミ:ホレイショ・ケインがシーズン1~2で使用。
  • 首領への道:第8話で金沢慎市の愛銃として登場。第8話で金沢が死亡した後、双子の弟である井波慎二が使用。20話で登場するが、共に発砲なし。

漫画・アニメ[編集]

ゲーム[編集]