ベニー・グリーン (ピアニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニー・グリーン
Photo by John Dugan}
Photo by John Dugan
基本情報
出生 1963年4月4日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク・シティ
ジャンル ハード・バップ
担当楽器 ピアノ

ベニー・グリーンBenny Green1963年4月4日 ニューヨーク・シティ – )は、ハード・バップジャズピアニストアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズの一員でもあった[1]

略歴[編集]

カリフォルニア州バークリーに育ち、7歳からクラシックのピアノ曲を学んだ。父親がジャズサクソフォン奏者だったため、早い年代からジャズに関心を示している。フェイ・キャロルに才能を見出されて、十代にしてエディ・ヘンダーソンのクィンテットに参加した。ハイスクールを卒業するとサンフランシスコに過ごすが、職業音楽家としての成功は、ニューヨークに里帰りしてから果たした。1983年4月にベティ・カーターのバンドに入団するが、1991年からは自身のトリオを結成している。

ほとんどのアルバムをブルー・ノートテラークから発表してきたが、オランダのレーベル、クリス・クロス・ジャズへも録音を始めた。音楽様式はバド・パウエルになぞらえられており、本人もパウエルから受けた影響を認めている。日本やアジアとの関わりは、2004年4月にリリースされたウンサン(Woong san)のファーストアルバム「Introducing/WOONG SAN」(2003年12月リリース 韓国盤「Love Letters」)、2006年9月にリリースされた深津純子「ジャズン・フルート」、2010年5月にリリースされた杉山千絵のファーストアルバム「チエ・スギヤマ・ミーツ・ベニー・グリーン」があげられる。

註釈[編集]

  1. ^ Allmusic

外部リンク[編集]