ヘレン・ツィレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘレン・ツィレ
Helen Zille
Helen Zille - two.jpg
ヘレン・ツィレ
生年月日 1951年3月3日(64歳)
出生地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦トランスヴァール州ヨハネスブルグ
出身校 ウィットウォーターズランド大学文学部卒業
前職 新聞記者
所属政党 民主同盟
公式サイト Helen Zille

当選回数 1回
在任期間 2006年 -

当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2015年
テンプレートを表示

ヘレン・ツィレ英語: Helen Zille1951年3月3日 - )、南アフリカ共和国政治家ケープタウン市長西ケープ州首相。民主同盟党首(第2代)。

概要[編集]

ヨハネスブルグ出身。ランド・デイリーメールの政治記者からケープタウンの教育管理者を経て下院議員。ケープタウンの市議会でアフリカ民族会議を抑えて民主同盟を第1党に導き、市長に就任。翌年から民主同盟党首。2008年、ワールド・メイヤーに選出された。この間、黒人女性であるリンディエ・マジブコを議会党首[1]に起用するなど、「白人中間層の政党」と見なされていた民主同盟の非白人からの支持、特に黒人層への支持拡大に務めた[2]。2015年5月、8年間務めた党首の座を退いた[3]

略歴[編集]

両親はユダヤ人で、ナチス・ドイツの迫害を逃れて南アフリカへ移住した。母のミラ・ツィレは、白人女性の反アパルトヘイト運動の活動家であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 議会において党を代表する役職で、通常は党首が兼任するが、党首に就任したツィレは国会議員とならずケープタウン市長の立場を選択したため、別個に議会党首を選出した。
  2. ^ 佐藤千鶴子 (2014年). “2014年南アフリカ総選挙-民主同盟の支持拡大- (PDF)”. アフリカレポート. アジア経済研究所. p. 48. 2015年5月12日閲覧。
  3. ^ “南アの最大野党・民主同盟に初の黒人党首 34歳のマイマネ氏”. AFPBB. (2015年5月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3048049 2015年5月12日閲覧。 

外部リンク[編集]


先代:
ノマインディア・ムフェケト
南アフリカ共和国の旗 ケープタウン市長
2006 - 現在
次代:
現職
先代:
トニー・レオン
南アフリカ共和国の旗 民主同盟党首
2007 - 2015年
次代:
ミッシュ・マイマネ