ヘキサメチレンジアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘキサメチレンジアミン
ヘキサメチレンジアミンの構造
IUPAC名 1,6-ジアミノヘキサン
1,6-ヘキサンジアミン
分子式 C6H16N2
分子量 116.20
CAS登録番号 [124-09-4]
形状 白色固体
融点 42 °C
沸点 204 °C
SMILES NCCCCCCN

ヘキサメチレンジアミン (hexamethylene diamine) は示性式 H2N-(CH2)6-NH2分子量 116.20 のジアミンピペリジン様の臭気のある、吸湿性の白色固体。融点は 42 ℃、沸点は 204 ℃。IUPAC名として、1,6-ジアミノヘキサン1,6-ヘキサンジアミンと表される。CAS登録番号は [124-09-4]。

に易溶、エチルアルコールベンゼンに可溶。二酸化炭素を吸収しやすく、空気と触れると徐々に白色の炭酸塩をつくる。

水溶液は強塩基で、と激しく反応し、多くの金属に対し腐食性を示す。酸化剤と反応しやすい。

アジピン酸からアジポアミドを経由して得られるアジポニトリル (NC-(CH2)4-CN) を還元して得られる。アジピン酸とともに、6,6-ナイロンの原料として工業的に重要とされる。