プログレスM-45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プログレスM-45
ISSから離れるプログレスM-45
種類 Progress-M 11F615A55
所属 ロシア連邦宇宙局
宇宙ステーション ISS
ステーションメンバー 第3次長期滞在
主契約者 RSC Energia
ロケット ソユーズ-U
射場 バイコヌール Site 1/5
打上げ日 2001年8月21日
09:23:54 GMT
軌道減衰 2001年11月22日
21:35:23 GMT
COSPAR ID 2001-036A
非ドッキング時間 2日
ドッキング時間 3ヶ月
ドッキング
ドッキングポート ズヴェズダ Aft
ドッキング日時 2001年8月23日
09:51:32 GMT
アンドッキング日時 2001年11月22日
16:12:01 GMT
軌道
種類 LEO
軌道傾斜角 51.6°

プログレスM-45(Progress M-45)は2001年8月21日に打ち上げられたプログレス補給船国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M 11F615A55、シリアル番号は245[1]NASAによる名称はプログレス5(Progress 5 略称: 5P)。

飛行記録[編集]

2001年8月21日9時51分32秒(GMT、以下同)、バイコヌール宇宙基地Site 1/5からソユーズ-Uロケットによって打ち上げられた[1]。M-45は8月23日9時51分32秒ズヴェズダモジュールの後方にドッキングし[2][3]、ISSに推進薬、食料、水、酸素、科学研究を行うための装置など計2,561kgを補給した。

このフライトでは、日本の微小粒子捕獲実験および材料曝露実験(MPAC&SEED実験)装置[4]と、高精細度テレビジョン(HDTV)カメラ・システムが搭載された[5]

プログレスM1-7にドッキングポートを譲るため、3ヶ月後の11月22日16時12分01秒にアンドッキングし[2][6]、太平洋上空で大気圏再突入した。

参考文献[編集]

  1. ^ a b McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2009年6月6日閲覧。
  2. ^ a b Anikeev, Alexander. “Cargo spacecraft "Progress M-45"”. Manned Astronautics - Figures & Facts. 2009年6月6日閲覧。
  3. ^ Wade, Mark. “Progress M”. Encyclopedia Astronautica. 2009年6月6日閲覧。
  4. ^ “「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)を利用した微小粒子捕獲実験および材料曝露実験(MPAC&SEED実験)”. JAXA. (2014年1月29日). http://iss.jaxa.jp/kiboexp/others/iss/mpacseed/ 2014年5月1日閲覧。 
  5. ^ “「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)を利用した高精細度テレビジョン撮影実験”. JAXA. (2014年1月29日). http://iss.jaxa.jp/kiboexp/others/iss/hdtv_sm/ 2014年5月1日閲覧。 
  6. ^ Zak, Anatoly. “Progress cargo ship”. RussianSpaceWeb. 2009年6月6日閲覧。

関連項目[編集]