ブロー成形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブロー成形(ブローせいけい)または中空成形(ちゅうくうせいけい)とは、プラスチックの加工法の一種。ペットボトルなど、中空の製品を作るのに用いられる。

概要[編集]

原理は吹きガラスと同じである。ペレット状のプラスチック原料をブロー成形機にて溶かして、パイプ状にする(通称パリソンと呼ぶ)。パリソンは上から下にでてくるが、このパリソンを製品の外側のみ彫られている金型で挟み込み、中に空気を吹き込む。この空気で膨らませて製品を作ることがブロー成形である。

金型内で冷却されたものが、製品形状となる。ブロー成形の場合、必ずバリと言われる不要部分がつく。このバリを取り払うと、ブロー成形品となる。

用途[編集]

化粧品、洗剤などの容器類、灯油缶、パイプ、ダクトなど、建材など、自動車用ダクト、ホース、サスペンションなどのカバー、また、水泳用コースロープなどのスポーツ用品、医療用タンク容器、工業用タンクカバー、農機具用タンク、球場、体育館のベンチなど、他にもさまざまな分野に使われている。

関連項目[編集]