ブレスザフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレスザフォール
2012年のライヴ
2012年のライヴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州フェニックス
ジャンル メタルコア
ポスト・ハードコア
活動期間 2004年 - 現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Fearless (2008 - 現在)
アメリカ合衆国の旗Science/Ferret Music (2006 - 2008)
日本の旗Triple vision
公式サイト myspace.com/blessthefall
メンバー
ボウ・ボーカン
エリック・ランバート
エリオット・グレンバーグ
ジャレド・ワース
マット・トレイナー

{{{Influences}}}

ブレスザフォール (Blessthefall) とは、アメリカ合衆国,アリゾナ州フェニックスにて結成されたポストハードコアバンドである。

フィアレス・レコードを代表するポストハードコアバンド。メンバーの多くがカトリック教徒であり、歌詞にもイエス・キリストの教えに基づいた物が多く含まれているが、彼等は自身をクリスチャン・バンドと称していない。

現在のメンバー[編集]

Take the Crownのヴォーカル。
  • エリック・ランバート / Eric Lambert - (ギター
  • エリオット・グレンバーグ / Elliott Gruenberg - (ギター)
フリスビー脱退後に加入。
  • ジャレド・ワース / Jared Warth - (ベース
  • マット・トレイナー / Matt Traynor - (ドラム

旧メンバー[編集]

  • クレイグ・マビット / Craig Mabbitt
2008年脱退。現Escape the Fateのヴォーカル。
  • エイデン・ルイス / Aiden Louis
  • マイルス・バーグスマ / Miles Bergsma
  • マイク・フリスビー / Mike Frisby - (ギター)
2011年に脱退。

略歴[編集]

2004年に、当時高校生だったメンバーによって結成。

2005年2006年とそれぞれ自主制作でミニアルバムを発表した後、インディーズレーベルの「Science/Ferret Music」と契約を結ぶ。

2007年4月10日にデビューアルバム『His Last Walk』を発表。しかし、直後にヴォーカルのクレイグ・マビットがバンドから脱退。しばらく新メンバーを探し続け、2008年9月にボウ・ボーカンを迎え入れ、ようやくバンドを本格的に再始動。その後、フィアレス・レコードへと移籍。

2009年10月6日、2ndアルバム『Witness』を発表。全米アルバムチャートにて初登場54位を記録した。プロデューサーには、ストーリー・オブ・ザ・イヤー等を手掛けた、マイケル・エルヴィス・バスケットを起用している。

2011年2月15日、リズムギタリストのマイク・フリスビーがバンドから脱退する。新ギタリストには、エリオット・グレンバーグを起用。

2011年10月4日には、3rdアルバム『Awakening』がリリースされ、全米アルバムチャートにて初登場32位を記録した。前作同様、プロデューサーには、マイケル・エルヴィス・バスケットを起用している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位
2007年4月10日
His Last Walk
Science/Ferret Music
-
2009年10月6日
Witness
Fearless
56位
2011年10月4日
Awakening
Fearless
32位

EP[編集]

  • Black Rose Dying (2005)
  • Blessthefall EP (2006)

脚注[編集]

外部リンク[編集]