ブルックリン・ワンダーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルックリン・ワンダーズBrooklyn Wonders)は、1890年ニューヨークブルックリンを本拠地として、プレイヤーズ・リーグに参加していたプロ野球チーム。別名は、Ward's Wonders

球団史[編集]

1890年のプレイヤーズ・リーグ創設時に結成されたチームで、リーグ創設の主導者であるモンテ・ウォードの所有した球団である。球団名の「ワンダーズ」も、ウォードが当時経営していたワンダー・ブレッド社(the Wonder Bread Company)にちなむ。 前年に様々な球団で活動していた選手達を寄せ集めて作ったチームだったが、前年フィラデルフィアで30勝を挙げたガス・ウィーイングがこの年も30勝を挙げ、それまで6勝しか挙げていなかった二番手投手ジョン・ソーダースが19勝するなど投手陣が踏ん張った。

打つ方では一塁手のデーブ・オルが124打点、打率.371と活躍、監督だったウォード自身も、この年打率.335で63もの盗塁を記録している。チームは首位ボストン・レッズと6.5ゲーム差の2位でシーズンを終えたが、同年のプレイヤーズ・リーグの破綻を受け、チームは1年で解散した(ブルックリン・ブライドグルームス(現ドジャース)に吸収されたとする資料もある)。

戦績[編集]

※順位は勝率による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1890年 PL 133 76 56 .576 2位 モンテ・ウォード Eastern Park

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

打撃記録
  • 通算安打数:188(モンテ・ウォード)
  • 通算本塁打:7(ルー・ビアーバウアー)
  • 通算打点数:124(デーブ・オル)
  • 通算盗塁数:63(モンテ・ウォード)
投手記録
  • 通算勝利数:30(ガス・ウィーイング)
  • 通算奪三振:177(ガス・ウィーイング)

出典・外部リンク[編集]