ブラッド・デルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド・デルプ
Brad Delp
Brad Delp.jpg
基本情報
出生名 ブラッド・E・デルプ
Bradley E. Delp
出生 1951年6月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ダンバース
死没 2007年3月9日(満55歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューハンプシャー州アトキンソンの自宅
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギターハーモニカ
活動期間 1976年-2007年
レーベル Epic
MCA
Artemis
共同作業者 ボストン
Return to Zero
Beatlejuice
公式サイト Bandboston.com

{{{Influences}}}

ブラッド・デルプBradley E. Delp1951年6月12日 - 2007年3月9日)は、アメリカ合衆国ミュージシャンロックバンドボストン」のリードボーカルとして知られた。

幼少期[編集]

マサチューセッツ州ダンバーズ(Danvers)に生まれる。13歳の時、 『エド・サリヴァン・ショー』でのビートルズの演奏を見て、ギターを購入。これが音楽との出会いとなる。その後、ダンバーズにあるHotWatt社でコーヒーメーカーの発熱部品の製造に携わっていた1970年に、ボストンの創設者であるトム・ショルツや、ギタリストのBarry Goudreau、ドラマーであるJim Masdeaに出会う。当時、彼らはカバーバンドでプレイしていたという。

「ボストン」時代[編集]

ボストンのリードボーカルのオーディションに合格。ボストンのアルバムではバックボーカルやギター、キーボードでも参加。ハーモニカもプレイしている。ショルツとのコンビで数々のヒット曲を世に送り出した。[1]

1994年発表のアルバム『ウォーク・オン』では、彼に替わってFran Cosmoがボーカルを担当したが、商業的には成功しなかった。デルプは後にライブでCosmoとツインボーカルを取ることになるが、「Cosmoは『実にキツい高音パート』を担当していた」と述べている。[2]

また、デルプはボストンの元メンバーであるGoudreauのバンドReturn to Zeroでもリードボーカルを担当しており、近作でも彼と共演している。

後年、デルプはバンドの活動休止中にはBeatlejuiceなるビートルズのカバーバンドでプレイしていた。

晩年[編集]

デルプはミック・デルプとの間に二児をもうけたが後に離婚。彼は30年来のベジタリアンであり、数多くの慈善運動に参加していた。[3]また、2007年に計画されていたボストンのサマーツアーの合間に、長年交際していたガールフレンドPamela Sullivanとの結婚を予定していた。

2007年3月9日、デルプはニューハンプシャー州アトキンソン(Atkinson)にある自宅で死亡しているのを発見された。[4] 55歳だった。同日、ボストンの公式サイトに「我々はロックンロール界で最もナイスな男を失った("We've just lost the nicest guy in rock and roll")」というコメントが掲載された。死亡当日、彼はマサチューセッツ州ソマーヴィル(Somerville)でBeatlejuiceのパフォーマンスを予定していたが、彼の死を受けてBeatlejuiceは今後のライブをキャンセルした。同年3月14日、デルプの死因は一酸化炭素中毒による自殺であったことが警察から発表された。

参照[編集]

  1. ^ Pareles, Jon (November 5, 1986) New Boston hit a throwback to the 70's. New York Times
  2. ^ Pareles, Jon (June 10, 1995). In performance: Rock. New York Times
  3. ^ Wright, Jeb (July 2003). Interview with Brad Delp. Classic Rock Revisited
  4. ^ International Herald Tribune (March 9, 2007). Lead singer of band Boston dies. Retrieved on 10 March 2007.

外部リンク[編集]