ブダペスト応用美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブダペスト応用美術館

ブダペスト応用美術館:Magyar Iparművészeti Múzeum)とは、ハンガリーブダペストにある美術館である。

概要[編集]

建物はアール・ヌーヴォー様式で1893年から1896年にかえてレヒネル・エデンパールトシュ・ギュラの計画に沿って作られた。この建物はレヒネルの建築様式を特徴づけ、かつ良く表現しており、ハンガリーの民族的繊維やソルナイマヨリカ焼きを含み、更にイスラム教ヒンドゥー教のモチーフをも含む物であり、この様式を用いた別の例はヴァーロシュリゲット近郊のブダペスト地質博物館に見られる。

ブダペスト応用美術館はヨーロッパの装飾された芸術作品を集めており、家具や金属細工、織物、繊維、グラス等を主として所蔵している。加えてこの美術館は公共の自由展示もある。また、開業当初の1872年からの展示もなされており、芸術作品にこの美術館の設立と歴史が描かれている。

また、東洋芸術フェレンツ・ホップ美術館ナジテーテーニ城美術館の二つの分館を有している。

住所[編集]

1091 - ブダペストウレーイ通り 33-37

  • 郵便番号: 1450 - Budapest - Pf. 3
  • 電話: +36 (1) 456-5107;
  • ファックス: +36 (1) 217-5838;
  • 館長: タカーチュ・イムレ

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯47度29分10秒 東経19度4分6秒 / 北緯47.48611度 東経19.06833度 / 47.48611; 19.06833