ブウィンディ原生国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ブウィンディ
原生国立公園
ウガンダ
公園内のマウンテンゴリラ
公園内のマウンテンゴリラ
英名 Bwindi Impenetrable National Park
仏名 Forêt impénétrable de Bwindi
面積 32092 Ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (7), (10)
登録年 1994年
IUCN分類 II(国立公園)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ブウィンディ原生国立公園は、1991年ウガンダ国立公園に指定された、ブウィンディ原生林の一部である。コンゴ民主共和国との国境に接し、コンゴのヴィルンガ国立公園とも隣接しており、アフリカ大地溝帯の西リフトバレー沿いに位置する。331km²の熱帯林を含み、平地、高地の森林環境を抱えている。それらには徒歩でのみ立ち入りが可能である。

公園は、コロブス・モンキーチンパンジーや多くの鳥類(サイチョウエボシドリなど)の保護区となっている。

この公園のなかで有名なのは340頭ほどのブウィンディゴリラである。この頭数は絶滅が危惧されている世界のマウンテンゴリラの頭数の約半分にあたる。この公園には、人に馴れている3つのマウンテンゴリラのグループがある。「ムバレ」「カテンデギェレ」「ルシェグラ」と名付けられた3集団の中で、「ムバレ」が完全に馴らされている。

ブウィンディの原生林は、アフリカの生態系の中でも最も豊かなものの一つである。120種の哺乳類、346種の鳥類、202種の、163種の樹木、100種のシダ、27種の爬虫類などが確認されており、その中には絶滅危惧種や大地溝帯の固有種なども含まれている。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

参考文献[編集]

  • ユネスコ世界遺産センター(監修)『ユネスコ世界遺産 (12) 中央・南アフリカ』講談社、1997年
  • 中川武 三宅理一 山田幸正(監修)『世界遺産を旅する・第12巻(エジプト・アフリカ)』近畿日本ツーリスト、1999年

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ウガンダの世界遺産
World Heritage Sites in Uganda

文化遺産
カスビのブガンダ歴代国王の墓
自然遺産
ブウィンディ原生国立公園 | ルウェンゾリ山地国立公園
世界遺産 | アフリカの世界遺産 | ウガンダの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ウガンダの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 南緯01度03分 東経29度43分 / 南緯1.050度 東経29.717度 / -1.050; 29.717