フローとストック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dynamic Stock and flow diagram

フロー: Flow)は、一定期間内に流れた量をいう。対語は、ある一時点において貯蔵されている量であるストック: Stock)。フローとストックを対比するのは、主に経済学での用法である。

解説[編集]

ストックとフローとは、前者の変化量が後者にあたるという関係にある。たとえばダムに貯まっている水量がストック、これに対してダムから流出したり流入する水量がフローにあたる。

アルフレッド・マーシャルの式M=kPY においては、M(マネーサプライ)はストック、PY(名目GDP)はフローにあたる。kの逆数である貨幣の所得速度が低下することは、ダムの淀んだ水に喩えられることがある。

アーヴィング・フィッシャーは、生産をストックへの追加、消費をストックからの削減と見た上、経済的な福祉をあらわすものはストックの大きさであると考えた[1]。このような考え方は、フローである消費が大であることを経済的な豊かさと見る考え方とは対立するものである[2]

複式簿記では、期間の損益状況をあらわす損益計算書(収益・費用)がフロー、特定時点での財産状況をあらわす貸借対照表(資産・負債・資本)がストックにあたるものである。

参考文献[編集]

  1. ^ 岩波経済学小辞典第3版
  2. ^ ちなみに資本ストックの大量減少(たとえば戦争などによる)は、その後の国民所得(フローにあたる)の高成長をもたらすという関係にある(貯蓄率一定の場合)
  3. ^ a b 伊藤元重 『はじめての経済学〈上〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、62頁。