フランツ・ライヒライトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・ライヒライトナー(Franz Reichleitner、1906年12月2日1944年1月3日)はナチス・ドイツソビボル強制収容所の所長を務めた人物 [1]親衛隊(SS)の隊員であり、最終階級は親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer)。

オーストリアチロル出身。リンツでドイツのゲシュタポ工作員となり、1936年に正式にナチス党に入党した(党員番号6,369,213)。さらに1937年に親衛隊員となった(隊員番号357,065)。オーストリア併合後、リンツ近くのハルツヘイムで障害者の安楽死計画に携わった。1942年9月にハルツヘイム時代の同僚だったフランツ・シュタングルの後任としてソビブル強制収容所所長に就任した。1943年2月12日には親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーがソビブルを視察しており、その際に親衛隊大尉に昇進した。ライヒライトナーはやはりハルツハイム時代の同僚だったグスタフ・ワグナー親衛隊曹長を重用して彼に囚人たちに激しい迫害を加えさせてシュタングル以上に厳しく収容所を支配した。彼の管理下で何万というユダヤ人が死亡した。1943年10月14日、ソビブルで囚人の大脱走があったが、この日はライヒライトナーとワグナーが休暇で収容所を離れていた日を狙ったものでライヒライトナーはいなかった。しかしこの騒ぎの責任を取らされ、ソビブル強制収容所は閉鎖、ライヒライトナーはイタリアパルチザン掃討の任務に送られた。そして1944年1月にパルチザンにより殺害された。

ソビブルの囚人の大脱走を描いた映画「脱走戦線 ソビボーからの脱出(Escape from Sobibor)」(1987年英国)ではエリック・p・キャスパーが所長ライヒライトナーを演じた。

脚注[編集]

  1. ^ ARCウェブページ (www.deathcamps.org/sobibor/perpetrators.html) 11 March 2009閲覧。 事実関係の記述は基本的にこれに拠る。