フランソワ・ヴィドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
E・F・ヴィドック

ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドック(Eugène François Vidocq、1775年7月23日 - 1857年5月11日)はフランスの犯罪者で後にパリ警察の密偵となる。

概略[編集]

アラスで生まれる。15歳頃までは何不自由なく成長したが、16歳で歩兵連隊に入隊し5年後には軍隊生活に嫌気がさして除隊する。除隊証明書を受けなかったために脱走兵として逮捕され入獄する。入獄中に贋造紙幣犯の一味の濡れ衣を着せられ、ブレストの徒刑場で重労働刑に処せられた。それから10年は脱獄と逮捕を繰り返し多数の重罪犯人と知り合い、暗黒社会の裏表の情報・犯罪の手口を詳細に知り脱獄と変装のプロとなる。出獄するとパリ警察の手先として、徒刑場で得た情報を売る密偵となる。この世界で数々の手柄を立て、ついには国家警察パリ地区犯罪捜査局を創設し初代局長となる。このフランソワの捜査局はパリ警視庁の前身にあたる。

密告とスパイを常套手段とし犯罪とすれすれの摘発方法を用いて成功したが、一方入手した犯罪者と犯罪手口を分類して膨大なカードを作り各地の警察に配備するという科学的捜査方法を確立した。後に捜査局を辞して個人事務所を開設、世界初の探偵となったが、その利用者は3000人と記録されている。

著書に『ヴィドック回想録 Mémoires de Vidocq』[1]1827年)があり、その数奇な半生と異常な犯罪記録が探偵小説を創始したエドガー・アラン・ポーエミール・ガボリオアーサー・コナン・ドイルに与えた影響は大きい。またオノレ・ド・バルザックの『ゴリオ爺さん』などに登場するヴォートランは明らかに彼をモデルにしており(『ゴリオ爺さん』執筆の直前1834年4月にバルザックは彼と会っている[2])、ヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』のジャン・ヴァルジャンとジャヴェールも彼から着想されたといわれる。

フランソワが登場する作品[編集]

映画[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ヴィドック回想録』 フランソワ・ウージェーヌ・ヴィドック著、三宅一郎訳、作品社、1988年ISBN 487893140X
  2. ^ Hunt, p. 91; Oliver, p. 149.

参考文献[編集]

  • Hunt, Herbert J. Balzac's Comédie Humaine. London: University of London Athlone Press, 1959. OCLC 4566561.
  • Oliver, E. J. Balzac the European. London: Sheed and Ward, 1959. OCLC 4298277

外部リンク[編集]