フランスのチーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランスのチーズでは、フランスで生産されるチーズを扱う。

概要[編集]

フランスでは21世紀初頭現在、350から400種のチーズを生産している。

シャルル・ド・ゴール将軍の「246種ものチーズを持つ国をどうやって治めるというのかね?」[1]という有名な言葉が、この種類の豊富さを表している。またフランスを表す慣用句として「300種のチーズの国」とも言われている。(異なる数でも呼ばれる)また別の言い回しでは、1年365日間、毎日別のチーズを食べることも出来るという。[2][3] レミー将軍として知られるジルベール・ルノーの回想録によると、彼のイギリス人の友人であるケリー・ハリソンが第2次世界大戦中のドイツによるフランス占拠中に述べた言葉として、彼は「200種ものチーズを作ることの出来るフランスのような国は決して死なない」と語ったという。[4]この引用はイギリス首相ウィンストン・チャーチルの言葉としても用いられる。[5] · [6]

約40種のチーズがアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)によって産地呼称を保証されている。

2001年より、フランスのチーズ協会L'association Fromages de terroirによって、フランスでは毎年3月29日はチーズの日として定められている。[7]

チーズ一覧[編集]

AOC指定を受けているチーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ernest Mignon (pseudonyme de Constantin Melnik) (préface de Jean Cau), Les Mots du Général, Fayard, Paris, 1962, 159p.
  2. ^ Tante Quenette et Blandine Vié et Pierre Androuët, Un fromage pour chaque jour, éd. de Vergennes, coll. « L'École de cuisine », Paris, 1981, 80p. 2-7309-2010-1.
  3. ^ André Wartelle, Idées reçues : Supplément au “Dictionnaire” de Gustave Flaubert, éd. Talmart, 1997, 199p. 2-903911-51-7, p. 86.
  4. ^ Colonel Rémy, Mémoires d'un agent secret de la France libre, vol. 1 : Juin 1940 – Juin 1942, éd. Aux trois couleurs, Paris, 1945, 551p., p. 47.
  5. ^ Danielle Birck, « La Journée nationale du fromage », sur rfi.fr, 24 mars 2007. Consulté le 30 mars 2009.
  6. ^ Léon Gruart, Aliments d'aujourd'hui, Hachette, Paris, 1965, 127p., p. 33.
  7. ^ journeenationaledufromage.com, イベントのオフィシャルサイト