フェオドラ・フォン・ザクセン=マイニンゲン (1890-1972)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン大公妃フェオドラ

フェオドラ・カロラ・シャルロッテ・マリー・アーデルハイト・アウグステ・マティルデ(Feodora Karola Charlotte Marie Adelheid Auguste Mathilde von Sachsen-Meiningen, 1890年5月29日 ハノーファー - 1972年3月12日 フライブルク)は、ザクセン大公ヴィルヘルム・エルンストの2番目の妃。

フェオドラはザクセン=マイニンゲンゲオルク2世の三男フリードリヒと、その妻のアーデルハイト・ツア・リッペ=ビースターフェルト(1870年 - 1948年)の間の長女として生まれた。母はリッペ侯国摂政のリッペ=ビースターフェルト伯エルンストの娘で、かつ最後のリッペ侯レオポルト4世の姉である。

1910年1月4日、マイニンゲンザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公ヴィルヘルム・エルンストと結婚した。ヴィルヘルム・エルンストは最初の妻カロリーネ・ロイス・ツー・グライツとの間に子供をもうけないまま死別しており、この結婚は再婚であった。フェオドラは夫が1918年にドイツ革命に伴って退位すると、家族と一緒にシュレージエンの所領に逃れ、さらにその4年後の1922年には夫と死別した。

子女[編集]

夫ヴィルヘルム・エルンストとの間に4人の子女をもうけた。

  • ゾフィー・ルイーゼ・アーデルハイト・マリー・オルガ・カロラ(1911年 - 1988年) - 1938年、シュヴァルツブルク侯家家長フリードリヒ・ギュンターと結婚(同年離婚)
  • カール・アウグスト・ヴィルヘルム・エルンスト・フリードリヒ・ゲオルク・ヨハン・アルブレヒト(1912年 - 1988年) - ザクセン大公家家長
  • ベルンハルト・フリードリヒ・ヴィクトル・ループレヒト・アーダルベルト・エルンスト・ルートヴィヒ・ヘルマン・ハインリヒ(1917年 - 1986年) - 1943年、ゾルムス=ホルストマル侯女フェリーツィタスと結婚(1956年離婚)
  • ゲオルク・ヴィルヘルム・アルベルト・ベルンハルト(1921年 - ) - 1953年にGisela Jänischと貴賤結婚し継承権放棄、イェルク・ブレナ(Jörg Brena)と改名