フリードリヒ・フォン・ザクセン=マイニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=マイニンゲン公子フリードリヒ

フリードリヒ・フォン・ザクセン=マイニンゲンFriedrich von Sachsen-Meiningen, 1861年10月12日 - 1914年8月23日)は、ドイツザクセン=マイニンゲン公国の公子。全名はフリードリヒ・ヨハン・ベルンハルト・ヘルマン・ハインリヒ・モーリッツ(Friedrich Johann Bernhard Hermann Heinrich Moritz)。

ザクセン=マイニンゲン公ゲオルク2世とその2番目の妻でホーエンローエ=ランゲンブルク侯エルンスト1世の娘であるフェオドラの間の次男として生まれた。父にとっては3番目の息子である。第一次世界大戦に従軍し、任地のベルギーで戦死した。

1889年4月24日、フリードリヒはリッペ=ビースターフェルト伯エルンストの娘アーデルハイトと結婚した。アーデルハイトは最後のリッペ侯レオポルト4世の姉である。フリードリヒ夫妻は6人の子女をもうけた。