フィリップ・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ブレイク

Philip Blake
アリゾナ・カージナルス No. 64

Philip Blake.JPG
センター
生年月日:1985年11月27日(28歳)
出身地:カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
身長:6' 2" =約188cm 体重:311 lb =約141.1kg
NFLデビュー
2012年デンバー・ブロンコス
経歴
大学ベイラー大学
NFLドラフト2012年 / 4巡目(全体の108番目)
CFLドラフト2011年 / 3巡目(全体の23番目)
 所属チーム:
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

フィリップ・ブレイク(Philip Blake 1985年11月27日- )はカナダオンタリオ州トロント出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLアリゾナ・カージナルスに所属している。ポジションはセンター

経歴[編集]

オンタリオ州エトビコの高校3年次よりアメリカンフットボールを始めた。高校卒業後、シャンプレインリージョナルカレッジで2年、タイラージュニアカレッジで1年プレーした後、2009年より、ベイラー大学に転校し、3シーズン先発オフェンスラインマンとしてロバート・グリフィン3世を守り、ハイズマン賞受賞をサポートした[1]

同大学ではセンターとして26試合、右タックルとして12試合に先発出場した。この間、相手守備選手を254回ノックダウンし、彼のブロックにより48TDを味方オフェンスがあげた。これらの数字は、この間のビッグ12カンファレンスのオフェンスラインマンの最高の成績であった[2]。2010年にセンターにコンバートされてからは、カレッジフットボール最高のセンターに与えられるリミントン賞の候補の1人にシーズン開幕前、2年連続で選ばれた[3]

2011年CFLドラフト3巡23位で指名されたが、大学にとどまり、4年次にはビッグ12カンファレンスのオールチームに選ばれた[3][4]。また2012年のシニアボウルに出場している[5]

2012年のNFLドラフト4巡でデンバー・ブロンコスに指名された。この年アメリカ以外出身の選手は、彼の他に4人がドラフトで指名された[6]

53人の開幕ロースターには残ったものの、第1週はインアクティブとなり、9月17日の練習で親指を負傷[7]、翌日故障者リスト入りしてシーズンを棒に振った[8]

2013年シーズン開幕前にブロンコスから解雇され、9月2日、アリゾナ・カージナルスとプラクティス・スクワッド契約を結んだ[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PLAYER PROFILE”. 2012年NFLドラフトコンバインオフィシャルページ (2012年). 2013年5月1日閲覧。
  2. ^ Broncos Sign Fourth-Round Draft Pick C Philip Blake”. YARDBARKER.com (2012年6月1日). 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ a b BLAKE AT A GLANCE”. デンバー・ブロンコス. 2013年5月1日閲覧。
  4. ^ 2011 Football All-Big 12 Awards Announced”. ビッグ12カンファレンス (2011年12月7日). 2013年5月1日閲覧。
  5. ^ 2012 NFL Draft Scouting Report: Philip Blake”. WalterFootball.com (2012年). 2013年5月1日閲覧。
  6. ^ Michael Preston (2012年5月1日). “FIVE INTERNATIONAL PLAYERS ARE SELECTED IN THE 2012 NFL DRAFT”. 国際アメリカンフットボール連盟. 2013年5月1日閲覧。
  7. ^ 2012 NFL Draft Player Profile”. Scout.com. 2013年5月1日閲覧。
  8. ^ Broncos Place G/C Philip Blake On Season-Ending IR”. YARDBARKER.com (2012年9月18日). 2013年5月1日閲覧。
  9. ^ Michael Prestson (2012年4月30日). “Five international players selected in NFL Draft”. usafootball.com. 2013年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]