ファミリーラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファミリーラジオ(Family Radio)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドに本拠を置く、キリスト教系の宗教放送局

概要[編集]

1959年開局。アメリカ国内ではサンフランシスコKEARを中心として、各地のFMAM局で中継されているほか、若干のTV番組も製作している。

またフロリダ州オキチョビーWYFRから短波による国際放送を行っている。世界各地の中継局も介しながら、後述の日本語を含む15以上の言語で放送が行われている。

これらの放送は下記公式サイトからインターネットを通じて聞くことが出来る。

日本語放送[編集]

日本語放送2005年4月13日に開始された。短波放送が下火となった21世紀になって開始された短波日本語放送として、一定の関心を集めたが、放送内容は聖書の話を核とした伝統的な宗教放送のスタイルである。

  • 2011年4月現在
放送時間(JST) 周波数
19:00-20:00 7245kHz

※JST=UTC+9

ロシアシベリア地方のコムソモリスク・ナ・アムーレからの中継放送である。

  • 2011年7月9日現在ロシア、コムソモリスク・ナ・アムーレからの中継が停止しているため日本語放送も中断している

宣教の指針[編集]

  • 公式声明として「ファミリーラジオは聖書に基づいたキリスト教ラジオ伝道組織で、教会とは一切関係ありません。」と表明している。[1]
  • 終末預言として、神は2011年5月21日に審判の日(ハルマゲドン)をもたらすと、世界の終末の日時を設定している。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト・文献資料「審判の日」pdf.ファイル
  2. ^ 2011年4月以前においての公式声明。

外部サイト[編集]

以下は、You TUBE 動画。