ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペター・ビョーン・アンド・ジョォン
(Peter Bjorn and John)
基本情報
出身地 Flag of Sweden.svg スウェーデン
ストックホルム
ジャンル インディー・ロック
活動期間 1999年 - 現在
レーベル ウィチタ・レコーディングス
Parasol Records
Almost Gold Recordings
公式サイト peterbjornandjohn.com
メンバー
ピーター・モーレン(ギターヴォーカル
ビヨーン・イットリング(キーボードベース・ヴォーカル)
ジョン・エリクソン(ドラムス・ヴォーカル)

ペター・ビョーン・アンド・ジョォン(スウェーデン語:Peter Bjorn and John)は、スウェーデンロックバンド。1999年にスウェーデンの首都ストックホルムで結成された。

プロフィール[編集]

スウェーデン中部のダーラナ出身のピーター・モーレン(Peter Morén)、更に北部のヴェステルボッテン出身のビヨーン・イットリング(Björn Yttling)、そして更に北部出身のジョン・エリクソン(John Eriksson)の3人は1999年から一緒に演奏を始めていた。そして2000年、正式にバンドをスタート。バンド名はシンプルにPeter Bjorn and Johnとした。別に良いバンド名が浮かばなかったからではなく、このバンド名こそが一番正しいと感じたからだ。「バンド名って、なんだかちょっと変だよね。どうしてみんな普通に自分達の名前をバンド名にしないのかな?」と彼らはずっと考えていた。最初、彼らはベース・プレイヤーをバンドに加入させようと考えていたが、“3 is a crowd(3人は群集である)”という格言に従って、キーボードをプレイしていたビヨーンがベースも弾くことになった。

ディスコグラフィー[編集]

2002年、ホーム・レコーディングされたファースト・アルバム『Peter Bjorn And John』(日本未発売)をリリース。プレスは“優れた音のベッド”“次のクラシック”と、アルバムに好評価を与えた。アルバムに収録の「Matchmaker」「People They Know」といった曲は、インディ・ポップ・ファンのお気に入りの曲となった。ロンドンのレコード・ショップのラフ・トレードは、今のスウェディッシュ・ポップでこれほど素晴らしいものはない、とアルバムを評した。

2004年、『Falling Out』(日本未発売)をリリース。シングル「It Beats Me Everytime」はスウェーデンでラジオ・ヒットを記録。翌年、アルバムはアメリカでもリリースされ、オールミュージックは4.5/5点の好評価を与え、「2005年にリリースされたアルバムの中でも限りなくベストに近いインディ・ロック。Concretesよりパンクで、Shout Out Loudsよりもフランティックではない。そしてUKの他のポストパンクバンドと同じくらいキャッチー」と評した。

2006年、サード・アルバム『ライターズ・ブロック』を発表。このアルバムは、ビヨーンのストックホルムのHornstullにあるスタジオでレコーディングされた。初めてバンド全員がソングライターとしてクレジットされ、全員がリード・ヴォーカルを担当した。シングル「Young Folks」は16週に渡りスウェーデンのナショナル・レディオ・ステーションのP3でAローテーション入り。アルバムもヒットを記録。その流れを受け、イギリスではウィチタ(ブロック・パーティークラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーザ・クリブス等が所属)と契約。8月7日に「Young Folks」はリリースされ、トップ40(35位)ヒットを記録。こうしてこのキラー・チューンはヨーロッパ全土に広がっていった。なお、この曲での女性のヴォーカルはザ・コンクリーツのヴォーカリスト、Victoria Bergsman。アルバムは8月14日にリリースされ、NMEで9/10点を獲得するなど、大きな評価を得た。

CM[編集]

『Writer's Block』(2006)からシングルカットされた「Young Folks」が、サントリー缶コーヒー 『ボス レジェンドブレンド ~伝説の香り~』 のCMに使用された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年現在、TBS系で放送中のドラマ『特上カバチ!!』でもBGMとして使われている。

外部リンク[編集]