ピーター・スカルソープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・スカルソープPeter Sculthorpe1929年4月29日 - )はオーストラリア作曲家

タスマニア州ローンセストン出身。7歳の時から作曲を始める。長年、シドニー大学でマスタークラスを持っており、現在は名誉教授である。主に管弦楽曲が知られており、『カカドゥ』(1988)や『アース・クライ』(1986)のように、オーストラリアの低木林地やアウトバックを想起させるものである。他に弦楽四重奏曲群や、『レクイエム』(2004)が評価を受けている。

作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 5番目の大陸~話者と管弦楽のための(1963)
  • 太陽の音楽I(1965)
  • 太陽の音楽II(1969)
  • 太陽の音楽III(1967)
  • 太陽の音楽IV(1967)
  • 日本の音楽(1970)
  • 小さな町~ソロ・オーボエ、2本のトランペット、ティンパニーと弦楽のための(1976)
  • マングローブ(1979)
  • カカドゥ(1988)
  • メメント・モリ(1993)
  • オセアニアより(2003)

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲(1983)
  • アース・クライ~ディジェリドゥーと管弦楽のための(1986)
  • エレジー~ヴィオラと弦楽のための(2006)

声楽・合唱[編集]

  • レクイエム

室内楽・器楽[編集]

  • ソナタ~ヴィオラとパーカッションのための(1960)
  • レクイエム~チェロのための(1979)
  • 弦楽四重奏曲(第1番~第15番)