ピヨトル・ラヘルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピヨトル・ラヘルトPiotr Lachert)はポーランド出身、ベルギー在住の作曲家ピアニストピアノ教師

略歴[編集]

ワルシャワで名教師ヤン・エキエルに師事の後、ピアニスト兼ピアノ教師として頭角を現す。パリハノーファーの音楽学校でも学んでいるものの、作曲に関しては完全に独学である。TEMV! publishing、Chiola Music of KAMERTON、New Consonante Musicの設立者として知られているが、もっぱらピアノ教育に関わる多数の著作において知られている存在である。一時期はイタリアのペスカラで「新しい音楽のための新しいピアニスト」などと銘打ったコンクールの審査委員長を務め、大井浩明、高瀬佳子、池谷順子、松木美和子を輩出したことも知られる。

作曲作品については、当初は現代音楽の潮流を意識したテープ作品やコンピュータ作品もないことはなかったが、次第に教育ノウハウを意識した多数のピアノ作品を次々と生み出し、その多くには「ソナタ」と名づけられた。全作品において調性的なパッセージを多用しているが、調性音楽のシンタックスは破棄されているため、クラシックのピアニストが古典イディオムを用いた即興演奏のように聞こえる。室内楽においては、奏者のコミカルな発声も用いられるなど、融通の利く創作活動を展開しているのも、単にピアニストの枠に収まらない。

2009年現在、ラヘルト財団が設立され、YouTubeを用いて自作の普及に努めている。教育用メソッドも極めて質が高い。

外部リンク[編集]