ピエトロ・アントニオ・フィオッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエトロ・アントニオ・フィオッコPietro Antonio Fiocco, 1654年2月3日 - 1714年9月3日)は、イタリア出身の盛期バロック音楽作曲家。より高名なジョゼフ=エクトル・フィオッコは実子である。後半生にフランス語圏に移ったため、ピエール=アントワーヌ (Pierre-Antoine) というフランス語名も残している。

ヴェネツィア出身。幼年期やイタリアで受けた音楽教育については、何も分かっていないが、音楽家として名を揚げ、オランダ総督によってアムステルダムに招かれる。エレナ・ラピタ・ダ・パリデ(Helena Rapita da Paride)の曲集には、フィオッコの作曲した数楽章が含まれている。1681年ジャン=バティスト・リュリ歌劇《アルセスト》のハノーファー公演のために、序幕の追加作曲を担当。1882年夏にオーストリア領ネーデルラントの首府ブリュッセルに引越し、トゥルン・ウント・タクシス侯爵ウジェーヌ=アレクサンドルの宮廷に仕官する。ノートルダム・デ・ヴィクトワール教会の聖歌隊長に指名され、ミサ曲モテットを含む宗教曲を作曲した。ブリュッセルにて他界。