ピアノ五重奏曲第2番 (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ五重奏曲第2番 イ長調 作品81 B.155は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した2番目のピアノ五重奏曲1887年8月18日から同年の10月8日にかけて作曲され、翌1888年1月6日プラハで初演された。1872年に作曲された第1番イ長調作品5は演奏の機会が少ないことから、一般にはドヴォルザークのピアノ五重奏曲と言えばこの曲を指すことが多い。

ピアノ五重奏曲としてはシューベルトシューマンブラームスショスタコーヴィチの作品に並ぶ傑作とされ、ドイツ仕込みの構成と、ボヘミアの民族色を盛り込んだ意欲作として高く評価されている。

編成[編集]

ピアノヴァイオリン2、ヴィオラチェロ

曲の構成[編集]

4つの楽章から構成される。

  • 第1楽章 Allegro ma non tant - イ長調、2分の2拍子
  • 第2楽章 Dumka, Andante con moto - 嬰ヘ短調、4分の2拍子
  • 第3楽章 Scherzo, Furiant: Molto vivace - イ長調、4分の3拍子
  • 第4楽章 Finale, Allegro - イ長調、4分の2拍子

外部リンク[編集]