ビーニャ・オチャガビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーニャ・オチャガビア
所在地 チリ
サンティアゴマクル区
設立 1851年
主要人物 シルヴェストレ・オチャガビア(創業者)
公式サイト http://www.ochagaviawines.com/
テンプレートを表示

ビーニャ・オチャガビアスペイン語: Viña Ochagavía英語: Ochagavia Wines)は、チリワイン生産者である。

概要[編集]

ビーニャ・オチャガビアは1851年に設立され、チリワインの伝統的生産者としての位置にある。チリの他のワイン生産者同様、フランス系のブドウ品種を使用している。ビーニャ・オチャガビアの創業者は、鉱業と農業の実業家、ドン・シルヴェストレ・オチャガヴィア・エチャサレタである。彼はヨーロッパに渡り当時最新の醸造技術を勉強し、フランスボルドーのブドウの苗木をチリに持ち帰り、チリワインに変革をもたらした。

それ以前のチリワイン英語版は、16世紀以降のスペイン人宣教師らが、持ち込んだ黒ブドウパイスPais)等でワインを生産していた。19世紀に入りチリワインにとって2つの革命的な出来事が起き、1つはヨーロッパで発生したフィロキセラPhylloxera)の被害であり(チリには被害なし)、1つはフランス系ブドウ品種の導入である。後者によりビーニャ・オチャガビアの創業者シルヴェストレ・オチャガヴィアは「現代チリワインの父」と呼ばれている。彼が持ち帰ったボルドーのブドウは、黒ブドウがカベルネ・ソーヴィニョンメルローマルベックピノ・ノワール等、白ブドウがシャルドネソーヴィニョン・ブランセミヨンリースリング等である。チリのいくつかの主要な生産者はビーニャ・オチャガビアと同時期に誕生し、フランス系ブドウを使用している。

ブドウ畑[編集]

ビーニャ・オチャガビアはマイポ・ヴァレーMaipo Valley)、ラペル・ヴァレーRapel Valley)、カサブランカ・ヴァレー(Casablanca Valley)にブドウ畑を所有する。最上級品のグラン・レゼルヴァ用のブドウは、カベルネ・ソーヴィニョンがマイポ・ヴァレー、メルローがラペル・ヴァレー、シャルドネがカサブランカ・ヴァレーで栽培されている。グラン・レゼルヴァ用のカベルネ・ソーヴィニョンは、樹齢80年以上のブドウ木を使用している。

生産ワイン名[編集]

  • グラン・レゼルヴァ
    • カベルネ・ソーヴィニョン(赤ワイン)
    • シャルドネ(白ワイン)
    • メルロー(赤ワイン)
  • 1851レゼルヴァ
    • カベルネ・ソーヴィニョン(赤ワイン)
    • シャルドネ(白ワイン)
    • ソーヴィニョン・ブラン(白ワイン)
    • メルロー(赤ワイン)
  • シルヴェストレ・ヴァラエタル
    • カベルネ・ソーヴィニョン(赤ワイン)
    • シャルドネ(白ワイン)
    • メルロー(赤ワイン)
    • ソーヴィニョン・ブラン(白ワイン)
    • カルメネーレ(赤ワイン)
    • カベルネ・ソーヴィニョン・ロゼ(ロゼワイン)
  • メディアルナ・ブレンズ
    • ソーヴィニョン・ブラン・セミヨン(白ワイン)
    • カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー(赤ワイン)
  • スパークリング・ワイン・ブリュット(発泡白ワイン、シャルドネ主体)

外部リンク[編集]