ビブティブション・ボンドパッダエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビブティブション・ボンドパッダエ
বিভূতিভূষণ বন্দ্যোপাধ্যায়
Bibhutibhushan Bandopadhyay.jpg
誕生 1894年9月12日
インドの旗 西ベンガル州
死没 1950年11月1日(満56歳没)
職業 詩人小説家ジャーナリスト
国籍 インドの旗
代表作 『大地のうた』( 1929年 )、『森林にて』( 1939年 )
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ビブティブション・ボンドパッダエベンガル語: বিভূতিভূষণ বন্দ্যোপাধ্যায়、1894年9月12日 - 1950年11月1日)は、インド小説家ベンガル語で創作し、ベンガル文学の著名な小説家である。

生涯[編集]

バシラート (Basirhatに近いバラクプール村の出身。カルカッタ近郊のジャンギパラ市で教師をつとめ、とある少年の詩人との出会いをきっかけに、同人誌による創作を始める。最初の短編小説の評判がよく、カルカッタの文芸誌にも掲載され、作家としての活動を続ける。ビハール州の森林管理で働いていた時に、故郷のバラクプール村の体験をもとにした自伝的小説を着想する。これが最初の長編小説『大地のうた』 (Pather Panchali (novel)( 直訳すれば「道のうた」「道の物語」)として完成し、1929年に単行本が出版された。

教職などのかたわらで創作を続け、長編小説14冊、短編小説集20冊、その他に紀行文、エッセイ児童文学などを発表した。そのうち数作が、サタジット・レイによって映画化され、特に『大地のうた』 (Pather Panchaliは世界的に知られるようになった。また、ビハールの森林での体験をもとにした長編小説『森林にて』 (Aranyakはインドの各地方語にも翻訳され、高く評価されている。同時代に活動したタラションコル・ボンドパッダエマニク・ボンドパッダエ (Manik Bandopadhyayとともに「三人のボンドパッダエ」と呼ばれる。

主な著作[編集]

出典・脚注[編集]

  • 林良久『大地のうた』解説

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]