ビスマーク山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルヘルム山

ビスマーク山脈Bismarck Range)は、パプアニューギニアの中央、セントラル山脈(Central Range)やカリウス山脈(Karius Range)など4,000m級の山々が連なる内の1つの山脈である。ドイツ語読みでビスマルク山脈とも言う。名称はオットー・フォン・ビスマルクにちなむ。第一次世界大戦まで統治していたドイツドイツ領ニューギニア)の名称の名残である。西マオケ山脈に連なり、オーエンスタンレー山脈に連なる。最高所はウィルヘルム山(4,509m)。