ビショップ・フィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラート・ゲスナーの『動物誌』に掲載されているビショップ・フィッシュ。

ビショップ・フィッシュ(海の司教)またはシー・モンク(海の修道士)とは、中世ヨーロッパの民話に登場する伝説の海洋生物。

特徴[編集]

巨大な魚の姿をしているが、尾鰭が脚、胸鰭鉤爪のついた腕のように発達しており、頭は円錐形。人間のように直立歩行で移動する。

記録・目撃談[編集]

ノルウェーなどでビショップ・フィッシュが浜に打ち上げられた、もしくは網にかかったと記録されている[1]

スイスの博物学者コンラート・ゲスナーの著書『動物誌』には、1531年にポーランドからドイツにかけての海域でビショップ・フィッシュが捕獲されたという記録がある[1][2]。捕獲されたビショップ・フィッシュは司祭達の元へと連れてこられたが、手のような胸鰭で合図をして逃がして欲しいと訴えた。懇願を承諾して司祭達が海へ逃がしてやると、ビショップ・フィッシュは十字を切って礼をして海原へ消えて言ったという。

ゲスナーの『動物誌』には、ビショップ・フィッシュがイラスト付きで紹介、掲載されている[3]。『動物誌』に掲載されたイラストは多くの書籍で流用され、アンブロワーズ・パレの『怪物と驚異』、ギヨーム・ロンドレの『海の魚類について』、ウリッセ・アルドロヴァンディの『怪物誌』で確認できる[1]

正体[編集]

ビショップ・フィッシュの正体については諸説あり、カスザメセイウチズキンアザラシなどの候補が挙げられている。デンマークの動物学者、ヤペトス・ステーンストルプは、ドイツ-ポーランド海域で穂隠されたビショップ・フィッシュは巨大なイカであったという説を提唱し、両者を比較したイラストを発表した。

地上と同じように、海中にも聖職者が存在するキリスト教的な世界観が、ビショップ・フィッシュの創造に影響を与えたと言われている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 松平『図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』、170-171頁
  2. ^ ドンデ『人魚伝説』、126頁
  3. ^ ドンデ『人魚伝説』、108-109頁
  4. ^ ドンデ『人魚伝説』、5頁

参考文献[編集]

  • 松平俊久『図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』(蔵持不三也監修, 原書房, 2005年3月)
  • ヴィック・ド・ドンデ『人魚伝説』(荒俣宏監修, 富樫瓔子訳, 「知の再発見」双書, 創元社, 1993年11月)
  • ブレンダ・ローゼン『妖怪バイブル』(中谷友紀子訳, ガイアブックス, 2009年8月)、143頁