ビアク島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアク諸島

ビアク島(ビアクとう、インドネシア語: Pulau Biak)はインドネシアパプア州北部のチェンデラワシ湾ニューギニアの北西部に位置する小島。ビアク島はビアク諸島の一部で、最大の島である。

島で最大の人口密集地は南部海岸に位置するビアク市である。他は人口密度の低い小村が多い。

歴史[編集]

第二次世界大戦中には日本軍の航空基地が存在した。ビアク島の戦いの後、アメリカ軍が島を占領した。1944年5月29日、太平洋戦線における初の戦車同士の戦闘が行われた。占領された航空基地は「モクメル飛行場」と改名され、その後オーストラリア空軍に移管された。

1998年7月6日、インドネシア軍による島民の大量虐殺事件が発生した。

気候[編集]

インドネシア・ビアク島
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
250
 
29
25
 
 
240
 
28
25
 
 
250
 
29
25
 
 
200
 
29
25
 
 
250
 
29
25
 
 
230
 
29
25
 
 
250
 
28
25
 
 
240
 
29
25
 
 
220
 
29
25
 
 
180
 
29
25
 
 
190
 
30
25
 
 
230
 
29
25
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

ビアク島の気候は、年間を通してほぼ同一の気温である熱帯雨林気候である。市内の年間平均気温は27度であり、それは一般的に毎日の平均気温と同じである。 市内は、年間を通しての毎月の降水量が年間降水量およそ2,850mmを平均したちょうど良い量であることがわかり、10月と11月は、月平均の降水量200mmを若干下回る最も乾燥する月である。

インドネシア・ビアク島の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 29
(84)
28
(82)
29
(84)
29
(84)
29
(84)
29
(84)
28
(82)
29
(84)
29
(84)
29
(84)
29
(84)
30
(86)
29
(84)
平均最低気温 °C (°F) 25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
25
(77)
降水量 mm (inch) 250
(9.84)
240
(9.45)
250
(9.84)
200
(7.87)
250
(9.84)
230
(9.06)
250
(9.84)
240
(9.45)
220
(8.66)
180
(7.09)
190
(7.48)
230
(9.06)
2,840
(111.81)
出典: http://www.weatherbase.com/weather/weather.php3?s=6579&refer=&units=metric

外部リンク[編集]