ヒメセミエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメセミエビ
Scyllarus arctus 2 by Line1.jpg
大西洋産ヒメセミエビの1種 Scyllarus arctus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: エビ綱(軟甲綱)Crustacea
: エビ目(十脚目)Decapoda
亜目 : エビ亜目(抱卵亜目)Pleocyemata
下目 : イセエビ下目 Palinura
上科 : イセエビ上科 Palinuroidea
: セミエビ科 Scyllaridae
亜科 : ヒメセミエビ亜科 Scyllarinae Latreille, 1825
: ヒメセミエビ属 Scyllarus
学名
Scyllarus Fabricius, 1775
和名
ヒメセミエビ属
  • 本文参照

ヒメセミエビ(姫蝉海老)は、エビ目(十脚目)セミエビ科ヒメセミエビ属 Scyllarus に分類されるエビの総称。熱帯亜熱帯域の浅海に生息する底生のエビ類で、多くの種類がある。日本沿岸には9種が分布し、その中の1種 Scyllarus cultrifer (Ortmann, 1891) に「ヒメセミエビ」の和名が充てられる。

体長はどの種類も数 - 10cmほどで、セミエビ科としては小型だが、他のセミエビ科のエビ類と同様に体が扁平で、厚い甲に覆われる。セミエビに似るが体が小さいためにこの和名があるが、大きさからするとこちらの方がセミに近い。体の両縁にはセミエビ同様にがないが、第2触角には鋸状の歯がある点でセミエビと区別する。種類によって体の突起や第2触角の鋸歯の数、歩脚の不完全ななどの差異がある。

全世界の熱帯・亜熱帯域に分布し、浅海の岩礁やサンゴ礁に生息する。昼は岩やサンゴの陰に潜み、夜に海底を歩行し活動する。

日本では本州中部以南に分布する。イセエビ用の刺し網など沿岸漁業で混獲されるが小型で漁獲量も少なく、一般には食用とはしない。

日本産ヒメセミエビ類[編集]

原田英司は、日本沿岸で新種2種を含む7種の分布を確認した(1962年)。20世紀末の時点では9種の生息が確認されている。

参考文献[編集]