ヒドラスチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒドラスチン
IUPAC命名法による物質名
6,7-dimethoxy-3-(6-methyl-5,6,7,8-tetrahydro[1,3]dioxolo[4,5-g]isoquinolin-5-yl)-2-benzofuran-1(3H)-one
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
薬物動態的データ
代謝 Hepatic
排泄 Renal
識別
CAS登録番号 118-08-1 チェック
ATCコード None
PubChem CID 197835
ChemSpider 171234 チェック
UNII 8890V3217X チェック
ChEMBL CHEMBL497942 ×
化学的データ
化学式 C21H21NO6 
分子量 383.395 g/mol

ヒドラスチン(Hydrastine)は、1851年にAlfred P. Durandが発見した天然に存在するアルカロイドである[1]加水分解すると、1910年代にバイエルが抗出血性薬として特許を取った[2]ヒドラスチニンが生成する。

名前の由来となったヒドラスチス(Hydrastis canadensis)等のキンポウゲ科の植物に含まれる。

出典[編集]

  1. ^ American Journal of Pharmacy: 112, (1851) .
  2. ^ Römpp CD, Georg Thieme Verlag, (2006) .