パーヴェル・ポポーヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル・ポポーヴィチ
ソユーズ14号搭乗時
ソ連の宇宙飛行士
誕生 1930年10月5日
ソビエト連邦ウクライナキエフ州
死没 2009年9月29日
ウクライナクリミア自治共和国
階級 ソ連空軍少将
宇宙滞在期間 2日22時間56分(ボストーク4号)
15日17時間30分(ソユーズ14号)
18日16時間27分(合計)
選抜試験 1960年
ミッション ボストーク4号ソユーズ14号
記章 Vostok 3 4 Mission Patch.svg
退役 1982年1月26日

パウロー・ポポーヴィチウクライナ語Павло́ Рома́нович Попо́вич)、パーヴェル・ポポーヴィチロシア語Па́вел Рома́нович Попо́вич1930年10月5日 - 2009年9月29日)はソ連宇宙飛行士である。初めて宇宙に行ったウクライナ人

概要[編集]

パーヴェル・ポポーヴィチは1930年10月5日ウクライナ・ソビエト社会主義共和国キエフ州ビーラ・ツェールクヴァ地区ウズィーン村に正教司祭を祖先とする労働者の家で生まれた。

ポポーヴィチは1960年にソ連の第1期宇宙飛行士グループを選抜する訓練に参加する20人の空軍パイロットの1人に選ばれ、1962年のボストーク4号と1974年のソユーズ14号で2度宇宙に行った。コールサインは「ベルクート」(Бе́ркут;意訳:イヌワシ)。ボストーク4号は、アンドリアン・ニコラエフの乗るボストーク3号と初めてランデブーすることに成功した。1982年に宇宙飛行士を引退した。

2009年9月29日脳出血のためウクライナクリミア自治共和国グルズーフ市の病院で死去[1]

UFO学[編集]

ボストーク4号に乗っているポポーヴィチ

1984年、ポポーヴィチは科学アカデミーに新設された異常空中現象部会UFO委員会の委員長となりUFO学を手掛けるようになった。2002年にSCI FIチャンネルのドキュメンタリー番組Out of the Blueで、ポポーヴィチは、ワシントンからの帰りに航空機と並んで飛ぶUFOを目撃したと証言した。UFOは飛行機内の全ての人に目撃された。完全な三角形の形で、飛行機から約1.5km、1,000m上空で白いとても明るい光を放っていた。その物体は30秒から40秒程度で飛行機を追い越し、速度は時速1,500kmと推定された[2]

ポポーヴィチはロシアUFO協会とロシアのウクライナ人会の会長を務めた。

彼はソ連空軍の大佐で、伝説のテストパイロットであるマリナ・ポポーヴィチと結婚し2人の娘をもうけたが離婚した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Pavel Popovich - one of forerunners of manned space research, dead” (英語). イタルタス通信 (2009年9月30日). 2010年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月2日閲覧。
  2. ^ James Fox, Tim Coleman, Boris Zubov. Out of the Blue (Documentary). Hannover House.. 該当時間: 0:41:00. http://video.google.com/videoplay?docid=5545276251937701731&ei=CbIOSdjdEoLm2QLKjY18&q=out+of+the+blue+ufo 2008年11月3日閲覧。  (Source does not state in which year this incident took place)
  3. ^ Pavel Popovich, sixth man in orbit, dies” (英語). collectSPACE (2009年9月30日). 2009年10月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]