パントテン酸キナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パントテン酸キナーゼ(Pantothenate kinase、EC 2.7.1.33)は、補酵素Aの合成に関係する酵素の一つである。パントテン酸のリン酸化反応を触媒して、4'-ホスホパントテン酸が合成される。

パントテン酸キナーゼ合成に関する酵素はPANKと呼ばれ、4つ確認されている。このうち、PANK2の変異により、進行性の神経変性疾患であるパントテン酸キナーゼ関連神経変性症(旧:ハラーフォルデン・スパッツ症候群)が起きる。

外部リンク[編集]