NAD+キナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「NAD+キナーゼ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
NAD+ キナーゼ
識別子
略号 NADK
Entrez 65220
HUGO 29831
PDB 1SUW (RCSB PDB PDBe PDBj)
RefSeq NP_075394.3
UniProt O95544
他のデータ
EC番号 2.7.1.23
遺伝子座 Chr. 1 p1p36.33

NAD+キナーゼ(NAD+ kinase、NADKEC 2.7.1.23)は、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)をニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP+)に変換する酵素で、NAD+補酵素である[1]。NADP+代謝脂肪酸の合成のような生合成経路に使われる欠くことのできない重要な補酵素である[2]。NADKの構造は古細菌Archaeoglobus fulgidusから決定された[3]

反応

ATP + NAD(+) ⇔ ADP + NADP(+)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Magni G, Orsomando G, Raffaelli N (2006). “Structural and functional properties of NAD kinase, a key enzyme in NADP biosynthesis”. Mini reviews in medicinal chemistry 6 (7): 739–46. doi:10.2174/138955706777698688. PMID 16842123. 
  2. ^ Pollak N, Dölle C, Ziegler M (2007). “The power to reduce: pyridine nucleotides--small molecules with a multitude of functions”. Biochem. J. 402 (2): 205–18. doi:10.1042/BJ20061638. PMID 17295611. http://www.pubmedcentral.nih.gov/picrender.fcgi?artid=1798440&blobtype=pdf. 
  3. ^ Liu J, Lou Y, Yokota H, Adams PD, Kim R, Kim SH (2005). “Crystal structures of an NAD kinase from Archaeoglobus fulgidus in complex with ATP, NAD, or NADP”. J. Mol. Biol. 354 (2): 289–303. doi:10.1016/j.jmb.2005.09.026. PMID 16242716. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]