フルクトキナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケトヘキソキナーゼ
(フルクトキナーゼ)
識別子
略号 KHK
Entrez 3795
HUGO 6315
OMIM 229800
RefSeq NM_006488
UniProt P50053
他のデータ
EC番号 2.7.1.3
遺伝子座 Chr. 2 p23.3-23.2

フルクトキナーゼ(fructokinase、EC 2.7.1.3)または、ケトヘキソキナーゼ(ketohexokinase、KHK)は、フルクトースリン酸化し、フルクトース-1-リン酸に変換する酵素である。

ATP + Fru  \longrightarrow  ADP + F1P
ATP + D-フルクトース → ADP + D-フルクトース-1-リン酸[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bais R, James HM, Rofe AM, Conyers RA (1985). "The purification and properties of human liver ketohexokinase. A role for ketohexokinase and fructose-bisphosphate aldolase in the metabolic production of oxalate from xylitol". Biochem. J. 230 (1): 53-60.

外部リンク[編集]