パンチライン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンチライン
Punchline
監督 デヴィッド・セルツァー
脚本 デヴィッド・セルツァー
出演者 サリー・フィールド
トム・ハンクス
ジョン・グッドマン
マーク・ライデル
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年10月7日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
テンプレートを表示

パンチライン』(原題:Punchline)は、1988年アメリカ映画

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

あらすじ[編集]

ある演芸場で、スタンダップ・コメディアン(漫談家)を目指す者たちが腕を競い合っている。そこに、ある専業主婦が、愛する家族たちには内緒で飛び込んでゆく。ある医学生の青年も参加して、トップの実力を誇り、TVディレクターからも注目されている。青年は主婦に色々なアドバイスをする。最初は客にオチを読まれてしまうほど陳腐なポーランド人ネタ(『うちの旦那のモノは世界一長い』『ポーランド人だから名前が長いんだろ?』)しかできなかった彼女も漫談の腕を上げる。

テレビ局の人々が勢ぞろいで見学に来たときに、青年は観客の中に真面目に勉強していない自分を心配して来た親や兄たちを発見して、緊張して大失敗してしまう。そんな彼を慰めるうちに、専業主婦と医学生の間に恋が芽生えてしまう。そんななか、演芸場参加者全員でチャンピオンを決める大会が開かれる。勝者になるのは主婦か?青年か?

挿入曲[編集]

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]