パルス振幅変調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PAM変調の例 (1)元の信号, (2) PAM変調した信号, (a)軸:振幅 , (b)軸:時間

パルス振幅変調(パルスしんぷくへんちょう、PAM、英語: pulse-amplitude modulation)は、情報信号の振幅パルス信号の系列で符号化(エンコード)する、パルス変調の一つである。

例:2ビットの変調 (4PAM) は一度に2ビットを取り、送信信号の振幅をシンボルごとに4種類に分ける。たとえば、0b00を-3V、0b01を-1V、0b10を1V、0b11を3Vの4種類とするなど。

復調は、シンボル期間ごとに受信信号の振幅レベルを検出することによって実行される。

パルス振幅変調は、主にパルス符号変調 (PCM) や、最近はパルス位置変調 (PPM) によって取って代わられていた非ベースバンドアプリケーションで、デジタルデータのベースバンド伝送に広く使用されていた。特に、300bpsより速いすべての電話モデムは、直交振幅変調 (QAM) を使用する。(QAM変調は2次元信号空間ダイヤグラムを使用する)

しかしながら、広く一般的なイーサネットコミュニケーションの規格のいくつかのバージョンがPAMを使用している良い例である点に注意しなければならない。 特に、100メガビット・イーサネットの100BASE-T2は、2対4線のより対線のツイストペアケーブルを利用して毎秒25メガパルスで動作する、5PAMを利用して、100Mb/sで動作する。さらに、ギガビット・イーサネットの1000BASE-Tは、1000Mb/sデータ信号速度を達成するために、4対8線のより対線を利用し毎秒125メガパルスで動作する、5PAMをそれぞれののより対線で利用する。IEEE 802.3an規格は、DSQ128として知られている2次元チェッカーパターンによるエンコードである、16の離散的なレベル (16PAM) である、PAM変調の、トムリソン-ハラシマプリコーデッド (英語: Tomlinson-Harashima precoded、THP) 版の10GBASE-Tのためのワイヤレベルでの変調を規定している。いくつかの提案が、トムリソン-ハラシマプリコーデッド (THP) のあるなしにかかわらず、12の離散的なレベル(12PAM)変調または8の離散的なレベル (8PAM) 変調、ワイヤレベルのために、検討された。

関連項目[編集]