バハウ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハウ駅
バハウ駅
バハウ駅
Bahau
ロンピン (16.8km)
(15.4km) スルティン
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
ヌグリ・スンビラン州バハウ
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 61800
所属路線 イースト・コースト線
キロ程 36.9km(グマス起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1910年4月1日

バハウ駅 (バハウえき、マレー語:Bahau Railway Station) は、マレーシアヌグリ・スンビラン州バハウにある、マレー鉄道イースト・コースト線である。

概要[編集]

国道13号線沿いに駅がある。

KTMインターシティのうち、急行列車の一部と普通列車の全列車が停車する。

歴史[編集]

1910年4月1日に、マレー鉄道イースト・コースト線の南側からの最初の工事区間であるグマス - 当駅間が完成し、これに伴い当駅は終着駅として開業した。6ヶ月後の1910年10月1日に、トゥリアンまで延長された事により中間駅となった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅である。駅舎は南西側にありホームに面している。行違線があり、列車交換をすることができる。他に側線が1本ある。

駅周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]