バトルアクス作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルアクス作戦
IWM-E-003660-4700-32.jpg
側面にヘル・ファイヤー峠と書かれた第4インド師団のトラック
戦争北アフリカ戦線
年月日:1941年6月15日~17日
場所
結果:ドイツ軍の勝利。
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 イギリスの旗 イギリス
指揮官
エルヴィン・ロンメル アーチボルド・ウェーヴェル
戦力
13,200
戦車196輌
戦闘機130機
爆撃機84機
20,000~
戦車190輌
戦闘機98機
爆撃機105機
損害
1270
戦車12輌
航空機10機
969
戦車91輌
航空機36機
北アフリカ戦線

バトルアクス作戦(バトルアクスさくせん、: Operation Battleaxe)は、第二次世界大戦中の1941年6月15日から17日にかけて行われた、イギリス軍の作戦。北アフリカ戦線において、枢軸国軍に包囲されたトブルクを解囲するために行われた攻勢。ドイツ軍の反撃により、作戦は失敗した。

概要[編集]

バトルアクス作戦の地域

イタリア領リビアにあるトブルクは、イギリス軍が占領し、イギリスの要塞となっていた[1][2]エルヴィン・ロンメルの指揮する枢軸軍は、1941年4月からトブルクを包囲していた[2]。イギリス軍は1941年5月にブレヴィティ作戦を実施し、トブルクの解囲を目指したものの、ドイツ軍に撃退されていた[3]

イギリス第13軍団[nb 1](第4インド師団・第7機甲師団)はブレヴィティ作戦後にマチルダII歩兵戦車135輌など戦車を合計238輌受領し[5]、これもって解囲作戦を再興することとした[6]。作戦は6月15日より開始された[6]。第4インド師団隷下の2個旅団[nb 2]が海岸沿いのハルファヤ峠を攻撃し、第7機甲師団隷下の3個旅団[nb 3]が内陸側からカプッツォ砦を攻撃した[9]

ハルファヤ峠においては、ドイツ軍の守備隊が88mm高射砲で応戦し、イギリス軍戦車に大打撃を与えたために陥落しなかった[10]。また、第7機甲師団はある程度、前進に成功したものの、ドイツ軍第15装甲師団の反撃により進撃が停止した[10][11]。その後、ドイツ軍第5軽師団が迂回包囲のための進撃を開始すると、包囲されることを恐れたイギリス軍は撤退し、作戦は終了した[11]

この後のトブルク解囲作戦は、1941年11月のクルセーダー作戦まで行われなかった[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第8軍司令部は9月に新設された[4]
  2. ^ 第22近衛歩兵旅団及び第11インド歩兵旅団[7][8]
  3. ^ 第4、第7機甲旅団及び第7支援旅団[7]

出典[編集]

  1. ^ 山崎 (2009)、p.228
  2. ^ a b 『北アフリカ戦線』(2009)、pp.41-43
  3. ^ 『北アフリカ戦線』(2009)、pp.24-25
  4. ^ 山崎 (2009)、p.251
  5. ^ 山崎 (2009)、p.238
  6. ^ a b 『北アフリカ戦線』(2009)、p.25
  7. ^ a b 山崎 (2009)、p.240
  8. ^ 『北アフリカ戦線』(2009)、p.46
  9. ^ 山崎 (2009)、pp.240-242
  10. ^ a b 山崎 (2009)、p. 242
  11. ^ a b 『北アフリカ戦線』(2009)、pp.46-47
  12. ^ 『北アフリカ戦線』(2009)、p.48

参考文献[編集]