バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Balboa südsee.jpg

バスコ・ヌーニェス・デ・バルボアVasco Núñez de Balboa 1475年 - 1519年1月21日)は、スペイン探検家植民地政治家。ヨーロッパ人として初めて太平洋に到達した功績で知られる。

スペイン南部ヘレス・デ・ロス・カバリェロス(エストレマドゥーラ州)出身。実家は貴族身分ながら貧困にあえいでいた。1500年イスパニョーラ島へ開拓者として移住したものの経営能力のなさや放埓な生活で借財を重ね、債権者から逃れるようにして1510年、カリブ海に面したヨーロッパ人最初の植民都市サンタ・マリア・ラ・アンティグア(現コロンビアとパナマの国境付近)に移住し、後に活動拠点とする。

現地では食糧不足や先住民インディオインディヘナ)の襲撃に悩むスペイン人たちのリーダーとして才覚を発揮。新しい植民都市ダリエンの建設を指揮し、完成後はその総督に任命される。懇意にしていたインディオの酋長から南方にある黄金の産出地の情報を得たバルボアは、1513年9月に180人の隊を組織して探索を開始する。この時の部下の一人が、後にインカ帝国の征服者として知られるフランシスコ・ピサロである。

先住民の案内でパナマ地峡を横断し、9月25日に隊は海に到達した。バルボアはこの海を「南の海」と命名した。これが後の太平洋である。また、彼の探検によってアメリカ大陸が2つの大海に接する大陸であることが明らかとなった。黄金探索という本来の目的は果たせなかったものの、帰還した彼は偉大なる探検者として迎えられた。

しかしながら行程中に略奪や虐殺などの残虐行為を働いたことにより、この探検に対する後世の評価は芳しくない。スペインの本国政府も、それを容認するバルボアのリーダーシップに危惧を持ち、またパナマ支配を強化する目的で彼のダリエン総督としての任を解き、新たにペドラリアス・ダビラを総督として送り込んだ。豪放なバルボアと猜疑心の強いダビラは反りが合わず、次第に対立を深めていく。

一方では相変わらず黄金の所在についても情報を求め、より南方に莫大な黄金を保有する王国(インカ帝国のことか)があるという情報を掴んだバルボアは再び探索の準備を進めるが、その矢先の1519年1月、ダビラの召喚を受ける。出頭した彼はかつての部下ピサロに捕らえられて獄につながれ、形ばかりの裁判で反逆罪に問われた挙句、斬首刑絞首刑とも)に処され、波乱の生涯を終えた。