ペドロ・デ・バルディビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・デ・バルディビア

ペドロ・デ・バルディビア(Pedro de Valdivia、1500年 - 1554年1月1日)は、スペイン王国の探検家、コンキスタドールチリの征服者。イタリア戦役のベテランでフランシスコ・ピサロの腹心だった。エストレマドゥーラ地方の現在のバダホス県ビジャヌエバ・デ・ラ・セレーナ出身。

1540年、少数の兵を率いてペルー南の土地を占拠する為に新たな遠征を敢行すべくクスコを出発した。アタカマ砂漠などを乗り越え陸路で1年進行した後に1541年2月12日、マポチョ川辺、現在のサンタ・ルシアの丘付近に現在のチリの首都であるサンティアゴ市を建設した。その7ヵ月後、原住民インディオにより襲撃を受けた。それでも征服を目指す遠征を南へと続け、その影響はビオビオ川の先(南緯37度)にまで及んだ。1547年に援軍を求めてペルーへ帰還。王党軍に加わりゴンサロの反乱鎮圧に功績を上げたあとチリ総督に任ぜられた。しかし、マプーチェ族の指導者ラウタロとの戦闘で敗走中に捕らえられ、拷問の上処刑された。

チリで流通している500ペソ紙幣に肖像が使用されている。