セバスティアン・デ・ベラルカサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアン・デ・ベラルカサル

セバスティアン・デ・ベラルカサルSebastián de Belalcázar, 1479年? - 1551年?)は、スペインコンキスタドール。彼はスペインのコルドバで生まれ、セバスティアン・モヤノ(Sebastián Moyano)の名前を与えられたが、後にコルドバに近い城下町であったベラルカサル(Belalcázar または Benalcázar)に名前を変えた。

事実として伝えられているのは、彼は1524年フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバニカラグアに入り、レオンの初代市長に就任したということである。彼は1527年までその職を務め、スペイン人知事たちの争いの結果ホンジュラスへ移動した。その後間もなくレオンに戻り、フランシスコ・ピサロの遠征に加わりペルーに航海した。1534年、ピサロと原住民族との戦闘を支援した後、エクアドルのキート渓谷を征服するため出発した。彼はディエゴ・デ・アルマグロと共にキートの都市を設立しピサロに因んでその都市を「サン・フランシスコ・デ・キート」と名付けた。