ハーバート・ビーバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーバート・ビーバーマンHerbert J. Biberman, 1900年3月4日 - 1971年6月30日)はアメリカ合衆国映画監督脚本家ハリウッド・テン(ハリウッドの十人)の一人。

1935年『片道切符』で監督デビューをした。

ナチズムを批判した1944年の『幻影のハーケンクロイツ』で注目を浴びたが、下院非米活動委員会で証言を拒否して議会侮辱罪に問われ、投獄される。6ヶ月後に釈放されたが、映画スタジオのブラック・リストに載った為、以降は自主制作を余儀なくされた。1954年の『地の塩』はナショナル・フィルム・レジストリーニューヨーク近代美術館に保存されている。

主な監督映画[編集]