ハンス・ラムバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・ラムバーグ(Hans Ramberg、1917年3月15日 - 1998年5月)はノルウェー生まれで、スウェーデンウプサラ大学などで研究した地球物理学者である。地球の構造やテクトニクスの分野で貢献した。

ノルウェーのトロンハイムに生まれた。1946年にオスロ大学で博士号を得た。1947年からグリーンランドの調査に参加し1952年からアメリカ合衆国シカゴ大学の鉱物学の教授を務めた。1961年から1982年までスウェーデンのウプサラ大学の教授を務めた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • "Origin of Metamorphic and Metasomatic Rocks", University of Chicago Press, Chicago,1952.
  • "Gravity, deformation and the Earth's Crust", Academic Press, Londres,1967.

外部リンク[編集]