ハングルの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハングルの日(ハングルのひ、한글날)、別名 ハングル公布の日(ハングルこうふのひ)または朝鮮語アルファベットの日は、朝鮮語に固有の表音文字であるハングル世宗(セジョン)が発明し公布したことを記念する、韓国・北朝鮮の記念日である。韓国10月9日北朝鮮1月15日とする。

世宗によるハングルの公布[編集]

世宗実録』によると、世宗は、大統暦世宗28年(=正統11年、西暦1446年9月に、新たに作成した文字を導入する文書である『訓民正音』を公布した(制定された文字はこの書の名前「訓民正音」で呼ばれ、20世紀になってハングルと呼ばれるようになった)。

ハングル学会の貢献[編集]

1926年朝鮮語研究会(現在のハングル学会)は、時憲暦9月末日(9月29日グレゴリオ暦11月4日)に、ハングル公布第8回甲(480周年)記念日を祝った。研究会はこれを「カギャの日(가갸날)」の最初の祝賀であると宣言した。この名は、「カギャコギョ(가갸거겨)」で始まる覚え歌に基づく、ハングルの初期の口語呼称であった「カギャグル(가갸글)」を起源としている。記念日の名称は、周時経によって、1913年に独自に造語された「ハングル」が[要出典]この文字の新しい名として受け入れられて後、1928年に「ハングルの日」に変更された。記念日は当時時憲暦に従っていた。

1931年に、祝賀の日は、グレゴリオ暦10月29日に切り替えられた。1934年には、1446年当時は、ユリウス暦が使用されていたことを考えねばならないという意見が現れ、記念日は10月28日に変更された。

韓国における記念日[編集]

 『訓民正音』

1940年に、『訓民正音』の注釈本であり、「訓民正音」公布後、それほどのときを置かずに作成された『訓民正音解例』の原本が発見され、その鄭麟趾の序文から『訓民正音』が9月上旬に布告されたことが明らかとなった。大統暦正統11年9月10日ユリウス暦1446年10月9日である。韓国政府が独立後早速ハングルの日を1945年10月9日に定めた。1970年には大統領令によって国家公務員が労働を免除される公的な休日となった。

1990年平日を増やしたい韓国財閥の圧力によって「国軍の日(10月1日)」とともに平日となったが、なお国の記念日でありつづけている。その後、市民運動によって2006年に国慶日(국경일)に昇格した。ただし休日ではなかったが、2012年にハングルの日の休日再指定案が国務会議を通過し、2013年より休日になった。[1]

北朝鮮における記念日[編集]

北朝鮮では「チョソングルの日」といい、1月15日とする。大統暦世宗25年(=正統8年)12月ユリウス暦1444年1月)に世宗が「訓民正音」を作成したことを記念する。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハングルの日23年ぶり休日に再指定 (ヘラルド経済、朝鮮語)2012年12月24日

関連項目[編集]