ハタネズミ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハタネズミ亜科
Lemming.jpg
ノルウェーレミング Lemmus lemmus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
上科 : ネズミ上科 Myomorpha
: キヌゲネズミ科 Cricetidae
亜科 : ハタネズミ亜科 Arvicolinae
学名
Arvicolinae
Gray, 1821

(下記参照)

ハタネズミ亜科Arvicolinae)は、哺乳綱 ネズミ目 キヌゲネズミ科に属する亜科。模式属ミズハタネズミ属 Arvicola

本亜科は、旧来は Microtinae (ハタネズミ亜科)とされていたが、Kretzoi(1962) が Arvicolinae の呼称に先取権があることを指摘したことにより、Arvicolinae に改められた。日本では、以前のまま「ハタネズミ亜科」と呼ぶ人も少なくないが、Arvicola がミズハタネズミ属であることから、厳密にはミズハタネズミ亜科であるといえる。2005年、MusserとCarletonにより系統分類が整理された結果[1]、この亜科には7族、26属の元に143の種が属することになった。以下の分類はそれに基づくものである。

分類[編集]

マスクラット Ondatra zibethicus
  • マスクラット族 Ondatrini
  •  Pliomyini
  • ツメナガモグラレミング族 Prometheomyini
    • ツメナガモグラレミング属 Prometheomys

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Musser, G. G. and M. D. Carleton. 2005. Superfamily Muroidea. Pp. 894-1531 in Mammal Species of the World a Taxonomic and Geographic Reference. D. E. Wilson and D. M. Reeder eds. Johns Hopkins University Press, Baltimore.