ハインゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Heinsen.png Locator map HOL in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ホルツミンデン郡
緯度経度: 北緯51度53分
東経09度26分
標高: 海抜 90 m
面積: 18.63 km²
人口:

831人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 45 人/km²
郵便番号: 37649
市外局番: 05535
ナンバープレート: HOL
自治体コード: 03 2 55 019
行政庁舎の住所: Weserstr. 22
37649 Heinsen
首長: ライナー・ヴェルク (Reiner Wölk)
郡内の位置
Heinsen in HOL.svg

ハインゼン (Heinsen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ホルツミンデン郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・ボーデンヴェルダー=ポレを構成する自治体の一つである。

地理[編集]

位置[編集]

ハインゼンは、ヴェーザー川上流沿い、ヴェーザーベルクラントの景観が美しい場所に位置している。この町の町域にあるシュトレンベルクからはヴェーザー川の蛇行がいくつも見られる。周囲にはこの他にヴァウル、ヴィルメレーダー・ベルク、ホプフェンベルク、ブルーフホルツといった小さな丘陵がある。ヴェーザーベルクラントで最も高い山であるケーターベルクは遠くなく、シュトレンから見ることができる。

町域の広がり[編集]

2つの狩猟地域に分けられる広大な森林がハインゼンに属している。この地域は、シュターレ、ベデクセン、ポレ、フンメルゼンに属す森が境界となっている。

隣接する市町村[編集]

ハインゼンは、ポレ、フンメルゼン(リュトゲ)、シュターレ、フォルスト、ベデクセン(以上、ヘクスター)と境を接する。

歴史[編集]

ハインゼンは、832年に「Higenhusen」として初めて文献に記録されており、後に「Heienhusen」と表記されている。土着の農民の他、水運漁業流しが、何世紀にもわたってこの町を形作ってきた。この事から、を描いた紋章が創られた。

1889年に射撃クラブが、1919年に体操スポーツクラブ (Tuspo) が創設された。

第二次世界大戦では、ハインゼンに小さな軍用飛行場と灯台が設けられた。

地域再編に伴い、ハインゼンは1973年1月1日にハーメルン=ピルモント郡からホルツミンデン郡に移された。

2003年に Förderverein Personenfähre Heinsen e. V.(旅客水運振興会)が設立され、2005年に伝統的な水運が再開されている。

人口推移[編集]

第二次世界大戦後、ハインゼンは、他の田舎の町村と同様に、旧ドイツ東部領土からの難民を数多く受け容れねばならなかった。人口のピークは2000年頃であった。1968年から2004年の間にハインゼンの人口は 13.9 % 減少した。住民の平均年齢は41.8歳である(2003年現在)。

宗教[編集]

行政[編集]

議会[編集]

この町の議会は 9 議席からなる。

文化と見所[編集]

演劇[編集]

ハインゼンの2つの演劇団「ディー・ヴィッテンブルガー」と「ジムザラビム」は2004年秋から演劇の上演を行っている。

ディー・ヴィッテンブルガーは、"Arsen und Spitzenhäubchen"(『毒薬と老嬢』)、"Jerry ist tot!"(『ジェリーは死んでいる』)、"Der eingebildete Kranke"(『病は気から』)といったコメディを上演している。

ジムザラビムは子供のための芝居を上演するとともに、カーニバルやモットーイベント(ライブコンサートやレトロパーティーなど)といった文化イベントを開催してもいる。

博物館[編集]

郷土・水運博物館には、町の歴史、農業や手工業といった産業文化の発展、古い教会の伝統やこれと結びついた教育が展示されており、ハインゼンにとっての水運の重要性に関する展示は特別なコーナーになされている。

建築[編集]

リボリウス教会は1300年頃に建設された。新しい木造の塔が16世紀末に増築され、さらに20世紀に入る前に拡張された。

石灰窯は町の最も重要な建造物の一つであり、1999年から2002年に、郷土・文化協会、労働協会、ハインゼン町、郡考古協会およびホルツミンデン・ユーゲンヴェルクシュタットの協力の下、ホルツミンデンのカンペ・ギムナジウムの学生によって修復され、現在は産業文化財として保護されている。ハインゼンで焼成された石灰は、たとえば市壁などに用いられるために、この町からヴェーザー川を経由してブレーメンに運ばれた。かつてハインゼンにはもっと多くの石灰窯があったのだが、現在はもう遺っていない。

何軒かの古い木組み建築も保護文化財となっている。この他にゼフゲ家は1000年頃からハインゼンに粉挽き小屋を持っている。

自然文化財[編集]

「ビュルステンケンペン」方面にある「ディッケ・ブーヒェ」(直訳すると、太いブナ)は人気のハイキング地である。休憩用のベンチがブナのすぐ前にあり、小径がそこへ通っている。

その他の見所[編集]

底なし沼: 町内の池は、伝説によれば底なしであるという。水深を測る実験は失敗に終わった。その流入口では、1950年代まで町の娘達が洗濯をしながら町の噂話を交換したり、歴史を語り継いだりしていた。

ヴェーザー川沿いには、パン焼き釜、カフェ、遊歩道がある。

スポーツ[編集]

  • TuSpo ハインゼン 1919 e.V.
  • 射撃クラブ 1889 e.V. ハインゼン

定期行事[編集]

経済と社会資本[編集]

企業[編集]

Rathmann Elektrobau GmbH は1925年に板金職人モリッツ・ラートマンによってハインゼンに創設された。1952年に息子の電気技師フリードリヒ・ラートマン(2004年没)がこの企業を引き継いだ。ヴィルヘルム・ラートマンは1987年にDipl.-Ing. にこの会社を移譲し、会社経営を第三者に委ねた。この経営下で、工業上の応用による業務領域の拡大がなされ、Symriseの子会社 Tesium や OKAL Haus GmbH と密接に協力している。この中小企業は、30人の従業員を雇用している。

Dipl.-Ing. Helfried Busche Bauunternehmen GmbH は1984年に設立された。

交通[編集]

連邦道B83号線は、この町とホルツミンデンボーデンヴェルダーとを結んでいる。

自転車道R99号線はハインゼンを通っており、ハインゼンを含む町の改革期に拡張がなされた。

かつての人専用のヴェーザー川の渡し船乗り場には、2005年から人と二輪車を乗せるモーター駆動式の渡し船が発着している。この渡し船の運航は4月から10月までである。

教育[編集]

協会の監査報告書(宗教改革に対する監査報告)には、1588年に10人の児童を擁するハイゼンのキュンスターシューレ(教会付属学校)について記録されている。1759年には64人の女子児童と75人の男子児童がこの学校に通っていた。この場所には新しい建物が建てられ、現在は町のオフィスとして用いられている。1869年には教会の向かい側に教員宿舎を有する5年生から8年生が学ぶ新しい学校が建てられた。1870年の時点で、223人の児童が学校に通っていた。1912年から1913年にかけて、ハイゼンの西の出口に新しい3つの目の学校が造られた。この学校は現在ハウプト通り8番地にあり、基礎課程学校として使われている。

参考文献[編集]

  • Friedrich Wittkopp: Heinsen - Die Geschichte eines Oberweserdorfes. Selbstverlag des Heimatbundes Niedersachsen

この文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

引用[編集]

外部リンク[編集]