ハイノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイノ(2012年のオクトーバーフェストで)

ハイノドイツ語: Heino、1938年12月13日- )はドイツバリトン歌手シュラーガー歌手で、しばしばドイツの国民的歌手と呼ばれている。デュッセルドルフ・オーベルビルク(Düsseldorf-Oberbilk)に本名ハインツ・ゲオルグ・クラム(Heinz Georg Kramm)として生まれる。1972年には自身の代表曲となる「リンドウの青い花」(Blau blüht der Enzian)をヒットさせ、1975年にリリースした彼の歌手25周年記念のレコーディング「ハイノ:彼の成果」(Heino - seine Großen Erfolge)は150万枚売れたといわれる。 [1]

2013年にはラムシュタインの「ゾンネ」などドイツのロック・ヒットのカバー曲を中心に、それまでとは異なるバンドサウンドを前面に出したアルバム「フレンドリーな挨拶で」(Mit freundlichen Grüßen)をリリースして自身初のナンバーワンヒットを達成、さらに2014年12月には自身のヒット曲を中心にしたシュラーガーとヘヴィメタルの融合を試みたアルバム「リンドウの黒き花」(Schwarz Blüht der Enzian、タイトル曲は先述の「リンドウの青い花」のへヴィ・メタルバージョンである)をリリース、2015年1月現在も精力的に活動している。

脚注[編集]

  1. ^ ハイノFAQ (英語)

外部リンク[編集]