ネイピア数の無理性の証明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネイピア数の無理性の証明(ねいぴあすうのむりせいのしょうめい)は、1744年オイラーが初めて行った。実際、ネイピア数 e は 2 < e < 3 を満たす無理数である。証明は背理法による。すなわち、e有理数であると仮定して矛盾を導く。e が無理数であることの証明は、円周率 π が無理数であることの証明よりずっと易しい。π の無理性が初めて示されたのは1761年のことである。

e を底とする指数関数 ex は以下のようにテイラー展開される。

e^x = \sum_{n=0}^\infty \frac{x^n}{n!}

x = 1 を代入すると

e= \sum_{n=0}^\infty \frac{1}{n!} = 1+\frac{1}{1!}+\frac{1}{2!}+\frac{1}{3!}+ \cdots

以下、これを e の定義として無理数であることを証明する。

証明[編集]

e = \frac{a}{b} を満たす自然数 a, b が存在すると仮定すると b!・e は以下のように展開される。

b! \cdot e = \left(b! + \frac{b!}{1!} + \frac{b!}{2!} + \frac{b!}{3!} + \cdots + \frac{b!}{b!}\right)+ \left\{ \frac{b!}{(b+1)!} + \frac{b!}{(b+2)!} + \frac{b!}{(b+3)!} + \cdots \right\}

左辺は b! \cdot e = b! \cdot \frac{a}{b} = a(b-1)! であるから自然数である。右辺は ( ) 内の b! から \frac{b!}{b!} までの項は全て自然数であるが、{ } 内の \frac{b!}{(b+1)!} 以降の全ての項の和は、b が1以上であることから

 
\left\{ \frac{b!}{(b+1)!} + \frac{b!}{(b+2)!} + \frac{b!}{(b+3)!} + \cdots \right\} = \frac{1}{(b+1)} + \frac{1}{(b+1)(b+2)} + \frac{1}{(b+1)(b+2)(b+3)} + \cdots < \frac{1}{2} + \frac{1}{2^2} + \frac{1}{2^3} + \cdots = 1

と 1 未満になる。したがって ( ) 内と { } 内を足した右辺は自然数でないことになり、左辺が自然数という結果と矛盾する。

ゆえに e = \frac{a}{b} を満たす自然数 a, b が存在するという仮定は誤りである。

ネイピア数の冪乗の無理性[編集]

一般に、q を 0 でない有理数とすると、eq は無理数である。これは、リンデマンの定理のごく特別な場合であるが、それ自体の証明は比較的易しく、『天書の証明』で1ページ程度にまとめられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ M. Aigner and G. M. Ziegler, "Proofs from the Book", 3rd edition, Springer, 2003. ISBN 3540404600(日本語訳、蟹江幸博『天書の証明』シュプリンガー・フェアラーク東京、2002年 ISBN 443170986X

参考文献[編集]

関連項目[編集]